美容外科 東京 脂肪吸引 二の腕
 

犬のトイレのしつけは簡単です犬のトイレのしつけは簡単です はこれから犬を飼う、既に犬を飼っている人にトイレ等のしつけの方法や、お得な情報をお伝えするブログです。トイレ、留守番、噛み癖 etc色々聞いてください。 

このページの記事目次 (カテゴリー: [8] 妊娠・出産について

total 3 pages  次のページ →  


スポンサーサイト | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

子犬に対する必須事項 | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/03/07 (日)  カテゴリー: [8] 妊娠・出産について
子犬にはしなければいけないことがあります
 生まれた子犬をそのまま飼うにしろ、新しい飼い主に譲るにしろ
 必ずしておかなければならないことがあります。忘れないようにしましょう。


 子犬を他人に譲った場合には、これら事項を必ず伝えておきましょう。


予防接種を受けさせよう
 犬が感染する恐れがある伝染病には、死亡率が高い恐ろしい病気がたくさんあります。

 狂犬病の予防接種は法律で義務付けられていますので、必ず行ってください。

 また、その他の病気の予防接種は法律で義務付けされているというわけではありませんが
 子犬の健康のためにしておきましょう。
 複数の病気に対して効果がある、混合ワクチンの注射となります。


 母乳で育った子犬は、生後60日以内に1回目の混合ワクチンを打ちましょう。
 2回目はその1ヵ月後頃に行います。

 人工哺乳の場合には、母親からの免疫を受け取っていないため、
 3回ワクチン接種を行うとよいでしょう。


 ワクチン接種が完了するまでは、他の犬などからの感染を防ぐために
 子犬を外に連れ出してはいけません。


 生後3ヶ月を過ぎたら狂犬病の予防接種を行いましょう。



畜犬登録の義務と血統書
 生後90日を過ぎた飼い犬は、飼い主が住んでいる市町村の役所に
 畜犬登録をすることが必要です。

 登録を行えば、毎年春に狂犬病の予防接種の通知が届くようになります。
 狂犬病は人間にも感染し、治療方法がない凶悪な病気のため、流行すること防ぐためです。


 また、母犬が畜犬団体の血統書を持っている場合には、
 子犬も3ヶ月以内に、血統登録の手続きをするとよいでしょう。

 畜犬団体によって、登録の仕方や費用が違いますので各団体に問い合わせましょう。
 血統書の申請から発行までは、2週間程度かかります。




 ⇒ 記事一覧:[8] 妊娠・出産について に戻る
スポンサーサイト


犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ : 予防接種 混合ワクチン 狂犬病 畜犬登録 血統書 

FC2スレッドテーマ : わんことの生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-110.html

2010/03/07 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

子犬の新しい飼い主を探そう | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/03/07 (日)  カテゴリー: [8] 妊娠・出産について
子犬が大きくなってきたら新しい飼い主を探しましょう
 子犬が生後2ヶ月以降になってきたら、子犬を母犬や兄弟犬から引き離す時期です。

 母犬や兄弟犬と過ごす幼少期は、犬社会において、序列・服従・協調性を学ぶ大切な機会ですので
 それ以前に子犬を譲るのは、できるだけ避けましょう。


 生まれてきた子犬を全て飼うのは、住宅事情や金銭面、世話の問題などがあり、難しいでしょう。
 そのため、新しい飼い主を探しましょう。


 子犬が欲しいという人が現れたら、まず本人に会ってみましょう。
 子犬を見せてみて、相手が本当に責任を持って飼う意思があるかどうかを確認すべきです。
 子犬を捨てられたり返されたりしては、子犬も新しい飼い主も可哀相ですからね。


新しい飼い主を探す方法
 友人・知人から
  お互いのことがわかっているため、話がしやすいでしょう。
  子犬のその後の様子を容易に知ることができるため、安心できます。


 ペットショップから
  交配でお世話になったペットショップや、いきつけのペットショップがあれば
  お店の人に相談してみましょう。


 動物病院から
  最近犬を亡くして、新たに飼いたいと考えている人や
  もう一頭を同時に飼いたい人が見つかる可能性があります。


 愛犬雑誌や、タウン誌などから
  愛犬雑誌や、タウン誌などに、里親探しのコーナーがあれば
  写真を添えて出してみるのもよいでしょう。


 インターネットから
  里親に関するホームページを検索してみたり、
  飼い主自身で子犬のホームページを作成して告知する方法もあります。




 ⇒ 記事一覧:[8] 妊娠・出産について に戻る
  


犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ :  子犬 里親 

FC2スレッドテーマ : わんことの生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-109.html

2010/03/07 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

離乳食の作り方と与え方 | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/03/07 (日)  カテゴリー: [8] 妊娠・出産について
離乳食の作り方と与え方
 子犬の成長に合わせて、離乳食の内容を変えていきます。
 例を挙げていきますので、是非参考にしてください。


生後20日目からの例
 1. 子犬用ミルクを温めたものと、子犬用のフレーク状のフードを用意します


 2. 温めたミルクに少量のフレーク状のフードを混ぜて、
   おもゆ(重湯)状にして飲ませます


 3. 食欲や便の状態を見ながらフレークの量を増やしていきます



生後30日目からの例
 1. ドライフードとぬるめのお湯を混ぜ、子犬用ミルクを少しずつ加えながら
   ふやかしていき、柔らかさを調節します


 2. 最初は飼い主が指先に乗せて子犬の口に入れてあげる
   慣れてきたら浅い食器に入れて与えてみます


 3. 遊んでいるときなどに、ふやかしていないドライフード一つ口に入れて
   慣れさせます



生後40日目からの例
 1. フードを噛むことを覚えさせるために、徐々に固いフードを入れる割合を
   多くしていきます


 2. 朝などの空腹時にはドライフードにぬるま湯を入れ
   柔らかくして与えるようにします


 3. 子犬が寝る前には空腹のままではなく、暖かいミルクを飲ませます




 ⇒ 子犬に乳歯が生えたら に戻る




 ⇒ 記事一覧:[8] 妊娠・出産について に戻る





犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ : 子犬 離乳食 ドックフード 

FC2スレッドテーマ : わんことの生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-108.html

2010/03/07 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

子犬に乳歯が生えたら | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/03/07 (日)  カテゴリー: [8] 妊娠・出産について
乳歯が生えたら離乳の準備をしましょう
 子犬の発育に合わせて、食事の内容は変えていきましょう。

生後3週目頃から離乳食を与えましょう
 母犬や飼い犬の愛情によって、子犬はすくすくと成長していきます。
 生後10日程度で体重は生まれた時の2倍になり、2週間目前後には目を開き、歩き始めます。


 生後3週間くらいになると乳歯が生え始めます。
 この頃から離乳食の準備をしましょう。


 最初は犬用のミルクを主体にし、母乳以外のものを口にすることを慣れさせます。
 徐々に固形成分の割合を増やしていき、生後50日くらいまでには離乳を完了させましょう。
 ⇒ 離乳食の作り方と与え方 はコチラ


 成長期の子犬には、母犬と同じように高たんぱく質・高カロリーの食事がよいでしょう。
 しかし、子犬の食欲や便の状態を見ながら、食事の内容に注意しましょう。


子犬の健康チェック
 子犬の発育状態から健康かどうかをチェックしましょう。

 1. 体重をはかる
  生まれてから毎日順調に体重が増えているかどうかをチェックしましょう。


 2. 便の状態を見る
  下痢は便秘などの場合には、食事の内容や量に問題がないか見直しましょう。


 3. 眠り方を見る
  子犬が寝ているときに、呼吸が大きかったり早かったりなど
  異常がないか観察しましょう。




トイレのしつけもしましょう
 子犬が動き回るようになり、排泄をしそうな様子が見られる場合には
 トイレに連れていきましょう。
 何回か繰り替えすうちに、トイレの場所を覚えます。




 ⇒ 記事一覧:[8] 妊娠・出産について に戻る




犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ : 離乳  子犬 しつけ 

FC2スレッドテーマ : わんことの生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-107.html

2010/03/07 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

人工哺乳の仕方 | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/03/06 (土)  カテゴリー: [8] 妊娠・出産について
子犬の哺乳に問題がある場合には、人工哺乳をしましょう
 子犬の哺乳に、以下のような問題がある場合には、人工哺乳をしてあげる必要があります。
  ・母犬が母乳をあげない場合
  ・虚弱な未熟児で自力で母乳が飲めない場合


人工哺乳に必要な道具
 人工哺乳に必要な道具の一覧です。
 持っていないものがあれば購入しましょう。

 ・子犬用の粉ミルク

 ・子犬用の哺乳瓶
  乳首も子犬用

 ・哺乳瓶の煮沸用なべ
  煮沸により殺菌します。

 ・人口哺乳用の注射器とチューブ
  未熟児に対して使用します。

 ・はかり
  子犬の体重が増えているかどうかを確かめます。



人工哺乳の仕方
 生まれた子犬は正常であれば、自分自身で母犬の乳房を探し出し、吸い付きます。
 子犬が自力で吸えなかったり、母犬が母乳をあげようとしないなどの問題がある場合
 哺乳瓶などで子犬用のミルクを飲ませます。


 人工哺乳に必要な子犬用の哺乳期はいろいろなものがあります。
 哺乳瓶であったり、注射器とチューブのカテーテルもあります。
 虚弱な未熟児は吸う力が弱いため、カテーテルなどを使いましょう。


排泄の教え方
 また、排泄は、最初に母犬が子犬に教えるものです。
 母犬と子犬の様子をよく観察し、もし母犬が子犬に教えていない場合には、
 排泄の世話もしてあげましょう。


 人工哺乳にてミルクを飲ませた後、ぬるま湯で濡らしたコットンやガーゼで
 肛門や、尿道口を軽くこすって刺激し、排泄を促します。
 (本来であれば、母犬が舌で舐めて刺激します)



 ⇒ 赤ちゃんは母犬に任せよう に戻る



 ⇒ 記事一覧:[8] 妊娠・出産について に戻る





犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ :  子犬 人工哺乳 赤ちゃん 母犬 

FC2スレッドテーマ : わんことの生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-106.html

2010/03/06 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。