美容外科 東京 脂肪吸引 二の腕
 

犬のトイレのしつけは簡単です犬のトイレのしつけは簡単です はこれから犬を飼う、既に犬を飼っている人にトイレ等のしつけの方法や、お得な情報をお伝えするブログです。トイレ、留守番、噛み癖 etc色々聞いてください。 

このページの記事目次 (カテゴリー: [5] 運動と散歩のしつけ

total 2 pages  次のページ →  


スポンサーサイト | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

犬と運動して遊ぼう | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/02/26 (金)  カテゴリー: [5] 運動と散歩のしつけ
散歩だけではなく、犬と運動してあげるとよいでしょう。
 犬との運動はとても楽しいものです。楽しく遊んで健康的な犬に育てましょう。
 ドッグランに連れて行くのもよいでしょう。
 愛犬のしつけをすぐ解決したい方はこちら

・おもちゃやボールで遊ぶ
 ボールなどで一緒に遊ぶことは、飼い主と犬とのコミュニケーションを
 深めることに役立ちます。


・犬同士で遊ばせる
 他の犬と遊ばせることにより、犬の社会を忘れさせないことを気にかけましょう。
 しかし、メスの発情期には、他の犬が集まるようなところに連れて行くのは避けてください。


・リードを外して自由にさせる
 公園やドッグランなどの安全な場所ではリードを外してあげて、
 自由に走り回らせるとよいでしょう。
 ただし、事故や、他の人に迷惑をかけないように注意してください。


・日光浴をさせる
 日照量の少ない冬は特に多めに日光浴をさせてあげましょう。
 日光浴は犬の健康を守ることができます。


 ⇒ 散歩と運動のポイント に戻る
 


 ⇒ 記事一覧:[5]運動と散歩のしつけ方 に戻る



犬をしつけるのが不安な方↓をチェック(・∀・)
プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら

スポンサーサイト


犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ : 健康 運動 ドッグラン おもちゃ 

FC2スレッドテーマ : 子犬の社会化としつけ (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-65.html

2010/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

散歩と運動のポイント | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/02/26 (金)  カテゴリー: [5] 運動と散歩のしつけ
散歩と運動は犬にとってとても大事なことです
 散歩と運動は犬の健康状態を維持するためや、人間社会に慣れさせるために
 とても重要なことです。そのために必要な情報を整理しましょう。
 愛犬のしつけをすぐ解決したい方はこちら

・散歩は愛犬の心を成長させます
 毎日の散歩は、通行人に声をかけられたり、体を撫でてもらうことにより
 犬が、飼い主の家族以外にもいろいろな人間がいることを教えられます。
 これにより、愛犬が必要以上に警戒的や攻撃的な性格になることを防ぎます。



・散歩の時間は季節によって変えよう
 散歩の時間は季節によって変えないと、犬にとっては負担になります。

 夏は早朝や、日が暮れてからの涼しい時間帯がよいです。
  夏の日差しは強烈なため、地面をとても熱くしてしまいます。
  すると、小型犬は背が低いため、日差しと地面からの熱で
  熱射病を起こしてしまう可能性があります。


 冬は暖かい日差しのある時間帯を選びます。
  寒すぎるのは人間にとっても犬にとっても負担となります。



子犬の運動量
 子犬は2度のワクチン(予防接種)を済ませてから、1ヶ月後に散歩をし始めます。
 あまり長い時間の散歩は避け、1日1回10~15分くらいがよいでしょう。

 子犬が行きたい方へ歩かせるといいでしょう。
 子犬のころの散歩は、外の空気に触れさせ、歩く喜びを教えてあげるのが目的です。


成犬の運動量
 成犬の散歩の目安は1日2回20~30分くらいがよいでしょう。

 リードをつけての引き運動や、公園やドッグランでリードを外した
 自由運動も楽しませましょう。
 ※公園でリードを外すのはよく周りを注意して行いましょう。


 散歩以外の運動に関しては以下リンクを見てください。
 ⇒ 犬と運動して遊ぼう に進む
 


 ⇒ 記事一覧:[5]運動と散歩のしつけ方 に戻る



犬をしつけるのが不安な方↓をチェック(・∀・)
プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら



犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ : 飼い方 しつけ 子犬 散歩 

FC2スレッドテーマ : 子犬の社会化としつけ (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-64.html

2010/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

散歩の後の手入れ | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/02/26 (金)  カテゴリー: [5] 運動と散歩のしつけ
散歩した後には犬の手入れをしましょう
 愛犬のしつけをすぐ解決したい方はこちら

 散歩から帰ったら被毛に付着したゴミやほこり、ノミなどを取り除きましょう。
 ブラシを用いて、全身をブラッシングします。



 顔・足・体は ペット用ウェットティッシュ や 濡れタオル 等で
 丁寧にふいてきれいにします。

  ・お腹は汚れやすいので濡れタオルでふくとよいでしょう。

  ・目や口の周りはガーゼやウェットティッシュでふきます。

  ・足は指の間や、肉球の溝に異物がないかを確認しながら丁寧にふきましょう。 



 目にゴミが入ってしまっている場合には、水で薄めた ホウ酸水 を
 目に垂らして洗浄してあげましょう。


 ⇒ 散歩のマナーとしつけ に戻る


 ⇒ 記事一覧:[5]運動と散歩のしつけ方 に戻る



犬をしつけるのが不安な方↓をチェック(・∀・)
プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら

 


犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ : 飼い方 手入れ 散歩 

FC2スレッドテーマ : 子犬の社会化としつけ (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-63.html

2010/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

散歩のマナーとしつけ方実践編 | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/02/26 (金)  カテゴリー: [5] 運動と散歩のしつけ
散歩は毎日楽しくしつけましょう。
 まず初めに飼い主の横について歩くことを教えましょう。
 愛犬のしつけをすぐ解決したい方はこちら


基本的なしつけの仕方
 1. 犬は左横につけ、リードは少したるみを持たせておきましょう。
   短すぎると常に犬に負担がかかってしまいます。
   また、途中でリードを離してしまわないようにしっかりと持ちましょう。

   
 2. 歩き出すときには、犬にアイコンタクトで合図を出します。
   飼い主のペースで歩き出してみましょう。


 3. 犬が前へ出ようとしたら、「アトへ」と声をかけて
   リードを一瞬引くことで犬を制御します。
   リードを引く際には力加減には気をつけましょう。犬が浮いていたら力の入れすぎです。

  
 4. 歩きながら時々右や左に曲がり、方向転換してみます。
   右に曲がるときは右真横にリードを引く感じで曲がっていきます。

   左に曲がるときは犬が先に出ないようにリードを軽く引いて、
   犬を制御しながら曲がりましょう。


   なぜこのようなことをするのかというと、飼い主の気分次第で方向転換することで
   散歩の主導権は飼い主だということを犬に認識をさせるためです。




散歩のマナー
 
 ・散歩での排泄
   散歩をすると、犬は排泄をすることが多くあります。
   その際には、近所迷惑にならないように気をつける必要があります。

   他人の家の玄関先や、公園の砂場などで排泄するのはマナー違反です。
   排泄してしまったフンは必ず持ち帰りましょう。
   外で排泄をさせなくない場合にはそのようにしつける必要があります。

 
 ・迷子になったときのために
   散歩していると、とても低い可能性ではありますが、
   迷子になってしまう可能性があります。
   そのため、首輪には鑑札や名札をつけておくとよいでしょう。


 ・ノーリードにしたいときは
   ノーリードで遊ばせる場合には、「マテ」と「コイ」はマスターさせておきます。
   また、人が少ない広い場所を選びましょう。
   他人に迷惑をかけてはいけません。小型犬であっても犬が嫌いな人にとっては不快です。


 ・他の犬に出会ったら
   散歩をしていると他の犬に出会うこともあります。
   犬同士が吠え合ってたら近所迷惑ですのでやめさせましょう。
   また、マナーとして相手の飼い主には挨拶をしましょう。



 ⇒ 散歩のマナーとしつけ に戻る
 


 ⇒ 記事一覧:[5]運動と散歩のしつけ方 に戻る



犬をしつけるのが不安な方↓をチェック(・∀・)
プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら



犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ : 飼い方 しつけ 散歩 

FC2スレッドテーマ : 子犬の社会化としつけ (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-62.html

2010/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |

散歩のマナーとしつけ | 犬のトイレのしつけは簡単です

   ↑  2010/02/25 (木)  カテゴリー: [5] 運動と散歩のしつけ
散歩では愛犬を上手にリードしましょう
 散歩では愛犬が飼い主に合わせて歩けるようにしつけましょう。
 愛犬のしつけをすぐ解決したい方はこちら


散歩の主導権は飼い主
 外の環境に慣れるまでは子犬のペースで散歩をすることが必要です。
 しかし、骨格が十分に発達し、自立心が強まる生後5~6ヶ月頃には
 飼い主に合わせて散歩することを教えていきましょう。


 小型犬は小さいので、散歩をしていて飼い主が引きずられる心配はありませんが、
 リーダーである飼い主が、きちんと主導権を握って散歩をしなければ
 しつけ全体に影響してしまいます。


散歩の基礎知識
 家の出入りは必ず飼い主から先にします。
 犬が先に行こうとした場合には、必ず「マテ」をさせましょう。


 散歩をするときには、犬は基本的に左側を歩かせましょう。
 飼い主の左横が理想です。
 勝手に前に出ようとしたら「アトへ」と声をかけ、リードで制御します。


 犬は散歩中に地面の匂いをかぎます。これは情報収集をしているのです。

 また、成犬のオスですと、マーキングをしたがります。
 しかし、しつけや、マナー・衛生上好き放題にさせない方がいいでしょう。
 場所や回数を決め、ある程度制御することがよい飼い主と言えます。


 
 ⇒ 散歩のマナーとしつけ方実践編 はこちら
 
 ⇒ 散歩の後の手入れ はこちら


 ⇒ 記事一覧:[5]運動と散歩のしつけ方 に戻る



犬をしつけるのが不安な方↓をチェック(・∀・)
プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら



犬のトイレのしつけは簡単です はブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
応援ポチっとよろしくお願いしますm(_ _)m



記事に含まれるタグ : 飼い方 子犬 しつけ 散歩 

FC2スレッドテーマ : 子犬の社会化としつけ (ジャンル : ペット

(記事編集) http://papisakura.blog107.fc2.com/blog-entry-61.html

2010/02/25 | Comment (0) | Trackback (0) | 犬のトイレのしつけは簡単です | ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。